toggle
2020-01-29

Buntan.

今年も高知から、文旦が届いた。

そのずっしりと重たいダンボールを開けると現れる、土佐の冬の色。

そして、その淡く、少し儚い香りは、高知での生活のヒトコマヒトコマを、ぼくの頭の中でぐるぐるとよみがえらせる。

お正月もお盆も関係がない、ここアマミでのぼくの生活にとって、毎年届くその贈り物は、ひとつの節目のようなもの。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA